Dの記憶

マジアカやヒデブなど、他どうでも良い事をつらつらと・・・(主にゲーム関係)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

スマブラ発売まであと少し

プレイ出来ないであろう
スマブラに思いを馳せている、今日この頃

当日にスマブラを購入してしまうと
煩悩に流されて、プレイしてしまいそうなので
売り切れてしまう前に買うべきなのかどうか
悩み所なんですよね・・・
意志力の低さには定評のあるドライヴですorz

通信対戦をするには、ルータを購入しなければなりませんし
最悪の事態は避けられそうなんですけどね~

(・3・)この後最悪の事態に陥る事になるとは
    この時、誰が予想出来ただろうか・・・(ええー)
スポンサーサイト
このページのトップへ

刹那再開中

少し前から刹那をローテーションに組み込んで
ひデブをプレイしている、ドライヴです

そして、早くも挫折中です(えー)
殆どと言っていいほどカウンターが成功しないのですorz

後の先を取る筈の刹那がこの体たらくとは情け無い・・・
これはGLOVE ON FIGHTで再度
動体視力を鍛え直さなければならないようですね

え?ひデブで鍛えれば良い?
アブノーマル方面への道には興味はありませんよ(;^ω^)
このページのトップへ

広がるゼルダの輪

着々と広がっていくゼルダの輪
今回のゼルダは当時wiiを持っていない事もあってか
評判を殆ど耳にした事がなかったのですが
やはり、64のゼルダの伝説の反応を見た後なので
そう感じるのかもしれませんね

私の体感的なランク付けをすると

ボリューム
A 時のオカリナ(N64)
B 神々のトライフォース(SFC)  
C トワイライト・プリンセス(Wii)
  風のタクト(GC)

D ふしぎの木の実(GBC)
  夢を見る島(GB)


難易度
A 時のオカリナ
B トワイライト・プリンセス
  神々のトライフォース

C 風のタクト
  ふしぎの木の実
  夢を見る島


アクション
A トワイライト・プリンセス
  風のタクト

B 時のオカリナ
  神々のトライフォース

C ふしぎの木の実
  夢を見る島


最近、又寒くなってきましたね(´・ω・`)
このページのトップへ

ブログのリンク

私のブログのリンク欄にもある
行さんのブログ「の屍を越えて行け」のリンク欄が
目に付き、特に理由も無く眺めていたのですが

ゴルどバッチョさんのブログのリンクが「Gの巣穴 1・2」
になっているではないですか!
・・・その発想はありませんでしたよ
これも富の加護が為せるものなのでしょうか(ええー)
このページのトップへ

他のゲームをしていると

ゼルダをプレイしていてふと思ったのですが
恐らくゼルダは謎解き仕様に作っている事もあってか
一周クリアしてしまうと更に二週目をしようとは余り考えません

風のタクトでは二週目特典が少しあったりもしたのですが
一週目で殆どの要素をコンプリート出来るようになっているので
やはり、二週目はクリアしないままに終わってしまいました

つまり、何が言いたいかと言うと・・・
ミンサガのやり込みレベルは異常これに尽きます

他のゲームをしない様になっても
ミンサガだけは極めるために少しずつでもプレイする事になるでしょう
一生の間に乱れ雪月花五連携が出せれば本望です!(ええー)
このページのトップへ

対戦をしていないと

回線事情+ゼルダの伝説をプレイ中という
状況もあってか、最近ひデブを殆どプレイしていなかったので
久し振りに鯖を立てて、通信対戦をしてみたのですが
酷い結果に終わり若干へこみ気味のドライヴです

風が吹いたら飛んでしまうような
元々無いに等しい、ひデブスキル(タイマン能力)は良いとして
一番重要なである、戦闘の流れを読む
状況把握力がガクっと落ちてしまっていて
試合の終盤に良く逆転されてしまうという事態が多発orz

このまま益々腕が鈍ってしまう、負のサイクルをなんとかせねば!
・・・方法は思いつきませんが(えー)
このページのトップへ

ゼルダのレビューを書く予定でしたが

ゼルダをプレイしている内に
当初感じていた、ゼルダの内容についての考えが
徐々にずれてきているため(良い意味で)
もう少し、区切りの良い所まで
ゲームを進行させた上で書く事にします

ひとまず、現段階での感想を簡潔に書くと

アクション、演出面のパワーアップがイイ!

アクションについては、今までのゼルダでは
考えられなかった方向性に、進んでいる気がしないでもないですが
結果的に面白い物になっているので無問題!(えー)
ボス戦は若干“ワンダと巨像”風味な物に
変化している様に感じられますね~

では、仮レビューはこの辺りでノシ
このページのトップへ

只今ゼルダ絶賛プレイ中

ブログの記事?
そんな物書いている暇があったら
ゼルダをプレイしますよ!(えー)

・・・明日は書くのでお許しをm(_ _)m
このページのトップへ

ゼルダ

散々迷った挙句
ゼルダを購入してきました
ナイツは又の機会という事で・・・
ナイツの値段が異常に値下げされており
内容に不安を感じたという事では無いですよ?

センサーバーの滑り止めテープの使用云々から始まり
どうでも良い事が気になり始め
ゲームを始めるまでに相当時間が掛かってしまいました(えー)

何はともあれ、ゼルダをプレイ開始
まず、驚いた事はWiiリモコンからも音が流れるという事ですね
定番の宝箱効果音(ごまだれ~)に始まり
剣を振る音なども丁寧にこちらから流れます
後者は要らない気が・・・というより、むしろ邪魔だったり(ええー)

安物のオモチャ剣を振っている様で
どうにも、これだけは馴染めません
という事で、リモコン音声は切りましたとさ・・・\(^o^)/
このページのトップへ

もうの一つ不安

スマブラにおける不安要素の一つとして
ラグを取りあげましたが、それと同等に脅威なのが
ソフトが売り切れてしまうという状況です

そう、あろう事かスマブラを予約していないのです\(^o^)/
キラータイトルであるスマブラの在庫はかなりのものでしょうが
それだけに売り切れた時の再入荷への対応は不安がありますね・・・

Wii自体は明日、ゼルダと同時に購入する予定です
ナイツも発売されているようで、どちらか悩み所
いっその事どちらも購入するというのも・・・

積みゲーフラグですか、そうですか(´・ω・`)
このページのトップへ

FC2 

FC2の調子が悪いのか
ブログのページが開けませんね
それはさておき・・・(えー)

昨日のコピペ群の記事のひとつ
刹那考察(コピペ)について
一見して何の変哲も無いコピペ記事なんですが
ブログの管理者ページの
過去の記事の管理でこの記事のタイトルを見てみると・・・

刹那考司コピペ)
察×( =司 
(・3・)現代の悪魔合体司の誕生を見た
    機会があれば無理矢理タイトルに使ってみます
このページのトップへ

無限のコピペ

先日の記事の通り、過去の刹那記事の一部を
鮮度そのままにコピペしてきました(えー)

記事の加筆・修正は全くしていないので
その点はご了承を┌┤´д`├┘

そして、以前の刹那熱を取り戻すために
明日から、ずっと刹那のターン!!

ドロー!魔法カード!

┏(;^ω^)┓・・・
このページのトップへ

刹那 考察(立ち回り編 4)

長々と文章だけの考察をつらつらと書き連ねてきましたが
今回の記事にて、めでたく完結!
・・・立ち回り編に限った話ですが!

4.終盤戦
正直終盤戦は書く事が無かったり・・・(ええー)
ほぼ中盤戦と同じ戦い方で大丈夫だと思います
相手もこちらのカウンターの対応に慣れてきている頃なので
それを逆手に取り、FCSを混ぜていくと判断を間違えて
当たってくれる事も

基本的に相手の裏をかいて行動する事が主体のキャラのため
序盤に取っていた行動とは全く違ったCSのタイミングや
戦法を使う事で 相手を混乱させこちらの隙に反撃を抑える事が出来
終盤の一瞬の判断が命取りとなる状況で
大きなアドバンテージを握る事が出来ます
逆に言えば、ここまでしないと勝てないという事でもあります┌┤´д`├┘

※次回からはCSを合わせ易い技などについて考察予定

※どわぁああああ、いきなり強烈な雨が!
 考察の記事をさぼった罰ですかっ!!(違います)
このページのトップへ

刹那 考察(立ち回り編 3)

さて、そろそろ書く事が無くなって来た立ち回り編ですが
微妙に書き残している事をつらつらと書き付けます
文字ばかりの考察の開幕~

3.中盤戦
ここから積極的に格闘を狙っていく事になる訳ですが
まず、頭において置いて欲しいのは

ダメージよりも相手のダウンを優先する という事です
勿論、カットがこない状況ならダメージ優先で構いません
何故ダウンを優先するかというと、もしコンボ中にダメージを
受けた場合、まず間違い無くこちらがダウンor大ダメージを受け
その後、相方を方追いされるという状況が生まれがち

CSは基本的に相手の攻撃を見てから発動なので
素早くダウンを奪い、敵の相方の動きを即、察知する事は非常に重要です
更に言えば
格闘を当てたからといって

博打で敵の相方に即振り向きCSは厳禁

確かに決まれば爽快ですが、アラート表示が出ていても
こちらの格闘の動作で避けられる事もしばしばあります
又、相手のこちらの格闘後CSを警戒し
刹那がCSを振るまで何もしないという行動を取る方や
更に、言えば即CSを先読みしてCSのカウンター範囲外である
横側や背後からの攻撃をしてくる方達もいます


(・3・)  アルェー?動画はどうしたのかな?かな?

┌┤´д`├┘うぅ、そんな殺生な、しかも別キャラ混じってるし…

(・3・)  閲覧数が減ってきてるんだから、それ位しないとねぇ~

(・3・)  分かりましたよ、取りますよ、動画!取ればいいんでしょ

(・3・)  いい心がけだぬぇ~、期待してるよ~

┌┤´д`├┘・・・
このページのトップへ

刹那 考察(立ち回り編 2)

今回も前回に引き続き
主観と偏見が大いに含まれた切ない考察を始めます

2.序盤戦 後半
牽制射撃はフェイントなどが多く含まれる前半と違い
後半になってくると、カットや援護などの応酬が激しくなってきます
ここで流れを掴むかどうかで、切ない終わり方をするのか
┏(^ω^)┓かかってきたまえ と強気でいけるのかが決まってきます

まず、重要なのは
相手にどのタイミングで

CSを使うのか悟らせない事

前回の記事で無茶振り格闘後CSや着地時CSを使わない様にと書いたのは
一重にこのため!! 勿論序盤でもCSカウンターは使って貰って構いません
しかし、着地後即CSを使うのでは無く、遅らせて出したり
出さなかったりする事で相手の読みを揺さぶる事が重要です

逆に格闘後CSなどは簡単に相手に読まれてしまうため
序盤にガンガン使うのは余りオススメしません
相手のどちらかに格闘を当てた後にCSを振っているなら良いのですが
相手の射撃を誘うために格闘を無茶振り→CSなどをすると・・・\(^o^)/

上手く相手がこちらの格闘に反応し、射撃を撃ってくれても
CSのタイミングが少しでも遅れると普通にダメージを受けてしまいますし
CSでカウンターをしたとしても軸などがずれて当たらない事も
しばしばあります・・・という事で基本的に封印と言いたい所ですが
刹那には攻め手が少ないため、動きのアクセントや相手に揺さぶりを
かけるためにも必ず使う事になります(ええー)

重要なのは
カウンターキャラだからといって序盤は
博打攻撃を無駄にしない という事に尽きます


(・3・)  まーた、文字ばかりの記事だね

┌┤´д`├┘しょうがないじゃないですか、動画でも取れと?

(・3・)  言う(書く)だけなら誰でも出来るよね~

┌┤´д`├┘・・・orz
このページのトップへ

刹那 考察(立ち回り編 1)

そろそろ刹那対策が成され
刹那使い達の無念の叫びが周りから聞こえてくる気がします
いや、勿論私も入ってますが(えー)
ラグで強さが激しく上下に推移するキャラとして

ホスト時=強い クライアント時=弱い
など掲示板で書き込まれているのを良く見かけます(´・ω・`)

格闘後や着地時にCSをする時代はもう終わった!
これからは・・・立ち回り(心理戦)刹那の世界を席巻する!!

と、無理やりムードを盛り上げた所で(ええー)
刹那の立ち回りについて考察・・・

(※個人の主観が大いに含まれます)

最近ではCSの使用タイミングが読まれ
心理戦を主とする筈の刹那が逆にCSを振らされ
\(^o^)/オワタ という状況になりがちです

大石(アーム)の様に格闘を当てても安全な無敵時間が発生しないため
自然とダメージ負けする場面も多く出てきます

1.序盤戦
当たり前だと思われるかもしれませんが
このキャラには射撃が無いので、相方、風船ともに
非常に丁寧な戦いが要求されます

まず、間違いなく相手はこちらを無視し、相方を方追いするor
刹那を挟み込んで無力化するという戦法を取ってきます
そのため、CSがあると思い格闘を無茶振り→CSなどをしていては
簡単に刈られます

序盤はNSなどで相手に近付き、相手が何か行動を起こす
もしくは隙が出来るなどの場合以外、近くをうろうろするのが基本です
牽制射撃などにCSを合わせるのも序盤は余り良くありません
CSには技後の無敵時間が無いため、敵の相方に美味しく

お持ちかえりぃいいいされます


(・3・)  なんで最後だけ大文字にしたの?

┌┤´д`├┘ ぐだぐだかなと思いまして

(・3・)  無駄な抵抗だと思うよ

┌┤´д`├┘ ・・・
このページのトップへ

刹那考察(コピペ)

今回は少し真面目に刹那(赤坂)について考察してみようと思います
まず、以前にも少し触れた。NS、CS、FCSを更に掘り下げて考察
出来そうな事も出来なさそうな事も色々盛り込んであるので
余り信用しない方が良いと思います ┌┤´д`├┘ 

NS カウンター攻撃その一!
  隙が少なく、敵の懐に入り込むのに重宝します
  しかし、カウンター発動!→当たらないという事が多々あるので
  狙って当てるのは難しいというより、狙わない方が無難です
  
  相手との距離が離れている場合、わざとNSで攻撃に突っ込み
  カウンターで一気に近づくという荒業も (NS後CS仕込み推奨)
  技の性質により、移動手段、スタミナゲージの節約など何かとお世話になります

CS カウンター攻撃その二!
  カウンター攻撃、要の武装
  性質については、以前に触れたので今回は使い所など

  1.着地時 2.格闘前後 3.完全な先読み
  大まかに使用する時を分けるとこうなります
  細かい説明は次回に回し、1、2が使用頻度としては多くなる事は
  まず、間違いありません  
  
FCS カウンター攻撃その参!
   全方位無敵の┏(^ω^)┓かかってきたまえ状態
   だけど、レナパンだけは簡便な!(えー)
   私の実力不足のせいか余り日の目を見る事が少ない悲しい武装
   敵に囲まれ、CSでは対応が追い付かない時、博打で出す事多し・・・
このページのトップへ

刹那記事

そろそろ、旧ブログの記事から
刹那の記事などを持ってきましょうかね~

改めて刹那の記事を見直していると
アイアンに押し潰されて消えてしまっていた
以前の刹那熱が沸々と湧き上がってきましたよ

刹那の攻略記事を書くなら
勿論、刹那を重点的に使っていきたい所ですが・・・

(´・ω・`) やはりそういう訳にもいきませんよね

ロビーで練習部屋と銘打って鯖立てをすれば
気兼ね無く刹那を使え・・・るのでしょうかorz
このページのトップへ

ミンサガ雑記

コメントに触発された訳ではありませんが
今日も今日とてミンサガをプレイ

そして、何となくボス戦の動画を撮影
正直見所も無いのですが、近々UPする予定です
ミンサガの技集動画は思っていたよりも
楽に全技が揃いそうなので、現実的になってきました
イフリート先生万歳!

そして、ようやくフラグを消化し
シェラハに挑む事が出来る様に
さすがミンサガ、飽きさせない演出ですヽ(´ー`)ノ

※そういえば、Fate/Zeroが発売されてるみたいですね
  これは買いに行かないと・・・
このページのトップへ

スマブラ

そろそろスマブラの発売日が近付いてきましたね
CMも流れ始めましたし、これは期待せざるを得ない!

不安なのは通信対戦には付き物のラグですね・・・
ひデブでも時間帯によってラグが酷い時があるので
スマブラの通信量がどの程度の物なのかが
今後の命運を分ける事になりそうです

うぅむ、しかしスマブラが発売されると
ミンサガをプレイする時間が無くなってしまう事に・・・
この手のゲームは一度積みゲー行きになってしまうと
そのまま放置される事になる予感が(´・ω・`)
このページのトップへ

ネタバレ

旧ブログより抜粋

長いようで、短かった1万ヒットまでの道のり
この様な辺境に存在している
当ブログを今まで閲覧して頂きありがとうございました

          <中略>

gdgd感が漂っていた当ブログで
最後のサプライズであるこの記事で少しでも楽しんで頂けたなら幸いです

では、また何処かでお会いしましょう~(・3・)ノシ

最後の赤文字部分が最初にURLを隠していた場所です
リンクである事を隠すために下線部などを消しているため
殆ど気付いた人はいらっしゃらなかったようです

太文字にするとバレバレですし、隠し方が難しい・・・
このページのトップへ

カテゴリ「戯言」の追加

カテゴリ「戯言」を追加しました
旧ブログでも大半を占めていた
日記にカテゴライズするのもおこがましい
どうでも良い突っ込み、ネタ記事を分類する事にしました

昨日の記事が良い典型ですね

(・3・)・・・この記事はれっきとした日記ですよ

ネタバレ記事の影響もあって
旧ブログの隠しURLの意味もなくなってきたので
そろそろ、こちらで場所の種明かしをしましょうかね~

そのまま、埋もれてしまうのも勿体無いので(えー)
このページのトップへ

リンク追加作業中そのに

ゴルどバッチョさんのブログ
【Gの巣穴】
ひデブとそれ以外とでブログの記事が分けられる事になり
【Gの巣穴 TAKE1】と【Gの巣穴 TAKE2】が生み出されました

そう、皆さんもお気づきの通り
前者と後者には決定的な違いがあります
1、2の違いなどと野暮な事を書く気はありません

【Gの巣穴 TAKE1】 【Gの巣穴 TAKE2】
      ↑            ↑
   全角スペース     半角スペース

この全角と半角との違いに
ゴルどバッチョさんは一体どのようなメッセージを込めているのか
疑問は尽きない・・・
このページのトップへ

リンクを追加作業中

ハタハタさんのブログである
【( ・3・)*・゜゚・*:.。..。.:*・゜】

以前は特に何も思わなかったのですが
ふとした疑問が頭をよぎりました

【*・゜゚・*:.。..。.:*・゜】問題なのはこの部分
これは・・・唾液か、唾液なのかッッッ!!!

おっとっと、思わず我を忘れてしまいました
さて、リンク追加作業に戻るとしましょうかね
このページのトップへ

あけましておめでとうございます

皆さん、あけましておめでとうございます

帰省のために、新年記事が遅れてしまった事はご容赦を
しかし、大阪ではここ数年、雪が降っているのは
見かけた事が無いのですが
やはり、他の地域は違いますね~
とにかく寒いこれに尽きます
大阪のぬるま湯気候に慣れきっている体には
かなりキツイ天気でしたね
大阪から帰る折、高速道路では所々凍結しており
その気温がどれ程の物か改めて実感しました
でも、そんなの関係n(ry    (・3・)・・・

極寒の地・・・という程でもないですが(えー)
そこで鍛えられた精神力を持ってすれば
┏(^ω^)┓キタマエを使いこなす事も可能な筈!
このページのトップへ

FC2Ad

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

プロフィール

Type‐Drive

Author:Type‐Drive
Dの記憶: ドライヴ
ひぐらしデイブレイク: ドライヴ
クイズマジックアカデミー: マテリアル

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

ニコニコ動画

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。